calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

Bedhaya Matah Ati

0
    昨晩、第32回FACP2014日本会議 in 川崎公式イベント「アジアを代表する演奏家たち」を観に行ってきました。 お目当てはインドネシア・スラカルタから来日したBedhaya舞踊団″による新しいBedhaya作品Bedhaya Matah Ati″。
    ジャワガムランの演奏はランバンサリ。

    舞踊団側で作成したパンフレットを頂きました↓




    7名全員が黄金色のトペンをつけて舞います。
    トペン(仮面)をつけてのBedhayaは過去に例がなくまったく新しい試みとのこと。
    最後の最後の瞬間に全員がトペンを外し踊り手の素顔が明かされる奥ゆかしくも贅沢な演出。

    公演終了後、楽屋で。
    7名のBedhayaの踊り手と、今回の新しいBedhaya作品の振付を行ったDaryono氏(中央)


    下は小道具で使用された弓、、トペン、ピストル(オランダ式のピストルを模したもの)、クリス(聖剣)。


    素晴らしい作品でした。今回、たった一度きりの公演でしたが、プロデューサーのAtilah女史いわく、完全版の上演も行いたいとのこと。期待します!


    コメント
    コメントする